お知らせ

[2012年03月09日]

コミュニティー密着型スマートフォン向けアプリ「ユーカリが丘コミュックス」の無料提供を開始 ~地域コミュニティーに密着した「生活利便情報」と「災害情報」を一元的に提供~

山万株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:嶋田哲夫、以下「山万」)は、ジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤俊和、以下「ジョルダン」)と共同して、千葉県佐倉市ユーカリが丘の周辺住民を対象とした「生活利便情報」と災害時の「災害情報」を一元的に提供するAndroid™スマートフォン向けアプリケーション『ユーカリが丘CommuCs(コミュックス) 以下「ユーカリが丘アプリ」 』の無料提供を3月9日より開始いたしましたのでお知らせ致します。

 

「ユーカリが丘アプリ」は、通常時はユーカリが丘周辺の加盟店舗・施設(約150施設 以下「加盟店」)のおトク情報等を加盟店が直接利用者へ提供します。

 

また、山万が独自に収集する周辺の「医療機関情報」や「防災施設情報」などと、ジョルダンの保有する「乗換検索サービス」、「気象情報」などをあわせ、「日常生活をより便利にする情報・サービス」と「安全・安心な生活に必要な情報・サービス」を提供します。

 

なお、震災等の大規模災害が発生した際には、「インフラ・交通機関の復旧状況」や「給水所・避難所情報」、「店舗営業再開状況など」の膨大な情報を、山万が独自に運営する「山万グループ災害対策本部」が収集・整理し、地域に密着した「災害情報」として情報を提供します。

これにより、大規模災害発生時に起こりがちな「情報の錯綜による混乱」を抑制し、住民・利用者の「生命・財産の保全」と「安全・安心の提供」を目指します。

 

 

【詳細は、以下のプレスリリースをご覧ください】

地域コミュニティーに密着した「生活利便情報」と大規模災害発生時の「災害情報」を一元的に提供するコミュニティー密着型スマートフォン向けアプリケーション「ユーカリが丘CommuCs(コミュックス)」の無料提供を開始

footimage